復縁を望む気持ちを相手に悟られない事

子供の頃、どもりについて悩んでいました

 子供の頃、どもりについて悩んでいたことがありました。ふだんはそんなことはなかったんですが、学芸会とか授業で発表するとかいったときに、どもってしまうことがありました。解決したい! どもり 治療←このサイトです。

 

 わたしは、どちらかというと内気なタイプの子供でした。そして、人前でしゃべったりするのはあまり得意ではなかったし、好きでもなかったのです。そんな気持ちの現われとして、どもってしまうことが多かったのだと思います。
 でも、どもってしまっては、学芸会などをうまくこなすことはできません。子供なりになんとかしようと考えました。そして、とにかく気持ちを落ち着かせて、緊張をとくようにと考えました。リラックスできるように、隠れて深呼吸してみたこともありました。
 今思うと、あの頃は自分に自身がなかったのだとも思います。だんだんと成長していき、自分に自信を持てるようになると、人前でも、どもらずにしゃべれるようになってきました。そして、こんなわたしでも、大学を卒業してから、教員として、人前で授業をおこなうようになってしまったのです。結婚してから、退職していまいましたが、こんなわたしに同級生は驚いていると思います。