復縁を望む気持ちを相手に悟られない事

プロ野球で捕手のブロックが禁止になる

プロ野球で捕手のブロックが禁止となりました。これは、走者と捕手が衝突することで怪我をしないための措置ですが、走者に有利な点が多いです。捕手はブロックができないので、走者にタッチをしなければアウトにできません。ですから、攻めが有利になって守りが厳しくなったと考えています。攻めが有利になって守りが厳しくなることによって、打者の打点や得点が増えますが、投手は防御率が高くなること、捕手は慣れないタッチに苦戦することが予想できます。

 

しかし、本塁での捕手と走者の交錯は怪我に繋がるので、仕方ない気持ちはあります。怪我が発生してしまうと、選手の心配をしてしまうだけではなく、試合の進行が止まるデメリットがあります。ですから、捕手によるブロック禁止は、仕方ない部分は多いと感じています。実際にシーズンが開幕してみなければどうなるのかはわかりません。ただし、捕手のブロックが禁止になったので、これまでよりも走者が本塁へ突入する確率は高くなると予想します。
このサイトでプロ野球 まとめへご連絡下さい。